やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2022/08/02
令和4年からの住宅ローン控除における所得要件の改正(引き下げ)
[相談]

 私は今年(令和4年)、これまで住んでいた賃貸アパートを引き払い、新たに居住用マンションを購入し、引っ越しを行う予定です。
 そこで確認しておきたいのですが、私が令和4年分の所得税確定申告で住宅ローン控除の適用を受けようとする場合、住宅ローン控除制度における所得要件は、令和3年分の確定申告時と同様に、年3,000万円以下と理解してよいでしょうか。教えてください。


[回答]

 ご相談の住宅ローン控除制度における所得要件は、令和4年1月1日以後の居住開始分より、年2,000万円以下に引き下げられています。


[解説]

1.住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)制度の概要

 住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)とは、個人が、国内において住宅の取得等をして、これらの家屋を令和7年12月31日までの間に自己の居住の用に供した場合において、その人がその住宅の取得等に係る住宅ローンの金額を有するときは、原則として、その居住の用に供した日の属する年以後10年間の各年のうち、その人のその年分の合計所得金額が一定金額以下である年について、その年分の所得税の額から、一定の住宅ローン控除額(住宅借入金等特別税額控除額)を控除するという所得税法上の制度です。

2.令和4年度税制改正による所得要件の引き下げ

 令和4年度税制改正では、上記1.の住宅ローン控除制度の適用対象者における所得要件について、年3,000万円以下から年2,000万円以下へと1,000万円の引き下げが行われました。

 上記の改正は、住宅の取得等をして、令和4年1月1日以後に居住の用に供した場合について適用するとされていますので、今回のご相談における所得要件は、改正後の年2,000万円以下となります。

[参考]
措法41、財務省「令和4年度税制改正の大綱」、国税庁タックスアンサーNo.1213「認定住宅の新築等をした場合(住宅借入金等特別控除)」など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



合同会社が解散した場合の清算事業年度2022/07/26
倉庫の賃貸借契約書と印紙税2022/07/19
退職者への未払い残業代の支払いと源泉所得税の徴収2022/07/12
プロスポーツ選手に支払う契約金の法人税法上の取扱い2022/07/05
所得税の予定納税額を減らすことはできますか2022/06/28
社長が業務遂行中に行った交通反則行為による反則金を会社で支払った場合の取扱い2022/06/21
インボイスの交付義務と、簡易インボイスの記載事項2022/06/14
成年年齢引き下げによる結婚・子育て資金の贈与税非課税制度の年齢要件の改正2022/06/07
さかのぼって受給した公的年金収入の帰属時期2022/05/31
報酬の支払額が100万円を超える場合に控除すべき源泉所得税額の計算方法2022/05/24
新型コロナウイルス感染症特別貸付の消費貸借契約書の印紙税非課税措置2022/05/17
個人経営の鍼灸接骨院が発行する領収書と印紙税2022/05/10
創作したNFTアートの販売と所得税2022/05/03
相殺領収書への印紙税の課税の有無2022/04/26
手付金の領収書への印紙税の課税の有無2022/04/19
お問合せ
箕浦康之税理士事務所
(有)長浜記帳計算センター
〒526-0031
滋賀県長浜市八幡東町223-1
TEL:0749-62-5292
FAX:0749-64-2058